共有ラベル機能を利用するには